広告

【OpenPandora覚書き】(※2011年6月3日版)


エミュレーターに関する質問には原則的にお応え致しません。
申し訳ありませんが、原則として答えられませんし答える為の努力もできません。


知っていると良いと思われること



・OpenPandoraは、独自規格の海外製ノートPCというふうに認識しておいたほうがよい。
・最初に入力を促されたパスワードは、以後システム設定する際に入力を求められる。パスワードはちゃんと覚えておこう。
・基本インターフェイスは Xfce 、独自インターフェイスに MiniMenu を搭載している。起動時(再起動時)は、基本的にXfceが起動する。
・基本的なOpenPandoraのプログラムは拡張子「〜.pnd」のファイルである。
・SDカードへ下記のようにディレクトリを作ってセットすると、OpenPandoraはプログラムを実行できるように自動認識する。
  /pandora/apps/  ... Xfce、Xfceデスクトップ、MiniMenu
  /pandora/menu/  ... Xfce、MiniMenu
  /pandora/desktop/  ... Xfceデスクトップ、MiniMenu
  ※よくわかないうちは、〜.pnd のファイルをSDカードに入れる際は /pandora/apps/ に入れるのがオススメ。
・古いタイプのSDカードにいれた「〜.pnd」ファイルは、OpenPandoraをいったん再起動しないと認識されない(メニューに反映されない)場合がある。
・強制リセットの方法は、Pandoraボタン(中央のマークが入ったボタン)を押しっぱなしで、電源ツマミを引きっぱなしにする。
・日本語ファイル名は普通に表示できる。但し日本語Windows標準仕様の「ファイル名がSJISフォーマット」のものでは文字化けをする(??と表示される)。ファイル名をUTF8にする必要がある。(※2011/4/25)(下の「WindowsからSD-CARDに入れた日本語ファイル名をpandoraでそのまま認識する方法」のほうがいいと思いますよ)
・Xfce上のマウスポインタを2つのアナログスティックで操作できなくなった場合は以下の用に設定する。(※2011/6/3) NEW!
  Settings → Nubs
  Nub-Configuration が開くので、次のように選択する
  Configure left nub → Change Nub Mode → Use the nub as mouse
  以上で設定終了。Nub-Configuration を閉じてよい。
・次に記す本体のディレクトリに、日本語対応をしているTrueTypeフォント(〜.TTF)を入れるとシステムから日本語フォントを選択可能となる。(※2011/6/3) NEW!
  /usr/share/fonts/truetype/
  但し、上記のディレクトリにファイルを転送するためには、root権限(SuperUser権限)で行わないと不可能。TERMINALから下記コマンドでroot権限でpandoraの標準ファイラーを起動して転送を推奨。
  sudo thunar
・WindowsからSD-CARDに入れた日本語ファイル名をpandoraでそのまま認識する方法(日本語ファイル名を表示する方法その2)。(※2011/6/3) NEW!
  TERMINALから次のようにコマンド入力する。
  sudo mousepad /etc/udev/scripts/mount.sh
  これでSuperUserとしてエディタが立ち上がるので、下記記述を探し書き換える。
  if ! $MOUNT -t auto -o dirsync,noatime,umask=0 $DEVNAME "/media/$name" && ! $MOUNT -t auto -o dirsync,noatime $DEVNAME "/media/$name"
     ↓(こう書き換える)
  if ! $MOUNT -t auto -o dirsync,noatime,umask=0,utf8 $DEVNAME "/media/$name" && ! $MOUNT -t auto -o dirsync,noatime,utf8 $DEVNAME "/media/$name"
  以後、再起動orSD-CARDをさし直すと日本語ファイル名が表示されるようになる。



まず最初にするべき事



公式ページ(http://www.open-pandora.org/)に行き、ファームウェアを最新のにしておく。
手順:
 1.公式ページから[Community & Support]→[Updatea & Firmware]とリンクを踏んでいき、ファームウェアのダウンロードページ(http://www.open-pandora.org/index.php?option=com_content&view=article&id=199&Itemid=40&lang=en)へ
 2.おそらく三種類のダウンロードリンクがある筈。おそらくは上から順番に
  「Click here to download HotFix Package〜
  ↑ファームウエアのアップデート用 pndファイル

  「Complete firmware image including all Hotfixes 〜
   You can download the package here.

  ↑ファームウエア含めて全てをイニシャルインストールさせる為のSDカードにいれるインストールプログラム一式

  「Click here to download Community Codec Pack
  ↑mp3やDivXなど、様々なコンテンツを再生する為の基本的なコーデックを入れる為の pndファイル

 3.上記のなかから、ファームウエアのアップデート用 pndファイルをダウンロードし(必要ならコーデックを入れる pndファイルも)、SDカードの/pandora/apps/にそのpnd ファイルを入れる。
 4.SDカードをOpenPandoraにセットし、メニューへ自動認識追加されたアップデートプログラムを確認し、実行する。